06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしや!?

昨日は祭日だったので、
弟が家にいました。

お昼頃「ちょっと買い物行ってくる」なんて、
出かけて行って、母にトイレットペーパーを、
買ってきて、なんて頼まれていました。

お昼ご飯も普通に食べました。

ところが、夕方4時頃、
急に2階から降りてきて、
「熱っぽい」と言って、測ったら、
なんと、8.8℃!!

急すぎてビックリしたけど、
弟は、そのまま2階の自分の部屋で、
休んでました。

夕食の時間になって、降りてきて、
ご飯をひと口ふた口食べたら、
「ダメだ、喉通らない」と言って、
市販のパブロンを飲んで、また部屋へ。

夜10時頃、ドン!ガン!みたいな音がして、
ビックリしたら、弟が、アイスノンを、私に、
「これしまっといて」と言うんですが、
様子が普通じゃなくて。

足元がふらついて、おぼつかない。

ドン!ガン!っていうのは、
トイレに入っていたとき、
壁にぶつかっていたらしい。

熱はどのくらいか聞くと、
9.8℃だって言うんで、
母と、救急病院に連れて行こうという話しになりました。

弟は、そのまま部屋に行ってしまって、
母が電話して、どんな具合か聞いて、
私は、夜間救急対応してくれる病院を探して、
電話して、症状を伝えて、診てもらえるようにお願いしました。

症状は、急な発熱、寒気、吐き気、頭痛、関節痛。

これって、ひょっとして、もしかして、
今流行りの、デング熱なんではないの!?

そんなこんなしていたら、娘が帰ってきて、
家の事態にビックリ。

私の支度ができてから、
弟に降りてくるように言って、
リビングまで来たんだけど、
ズボンを持ったまま、
リビングで、崩れるように倒れてしまって。

「立ってられない・・・」と弱々しく言う姿に、
私も腹決めて、救急車を呼びました。

救急車が近くまで来たら、
誘導してください、と言われたので、
ジュニアをキャリーバッグに閉じ込めて、
リビングの窓を開けられるように娘に言ってから、
外に出て、救急車を待ちました。

待っている間、私がしっかりしないといけないんだ、とか、
私まで一緒になって具合が悪くなるわけにはいかないんだ、とか、
考えてたら、お腹がソワソワしてきて、ヤバイ感じに。

遠くの方から、サイレンが聞こえてきたので、
家の中に向かって「もうすぐくるよ」と言い、
娘に「ついてきて欲しい」とお願いしました。

娘は、外から帰ってきたままだったので、
「いいよ!」と言って、すぐに出てきてくれました。

母は、毎晩の晩酌で、そうとう酔っていたので、
こういう時は、使い物になりません。

それで、救急車が到着して、
(その間にズボンだけは寝たまま履いてました)
隊員の方に、救急車の前まで支えられて、
歩いて行って、担架に乗せられて救急車の中へ。

私は、車で、あとから病院に向かう事にしていました。

隊員の方に、ある病院に、
病状も、診て欲しい事も、
伝えてある、と言うと、
電話で確認してくれて、
私が電話した病院に運んでくれる事になりました。

「救急車に同乗してくれる人はいますか?」と、
聞かれたんで、娘を乗せようと思ったんですけど、
色々話し合ったみたいで、同乗者はなしで良いと言われ、
弟はそのまま救急車で、運ばれて行きました。

私と娘は、運ばれた病院まで、車で行きました。

病院に着いたら、血液検査とレントゲンをやっているから、
待っててください、と言われ、
待合室で、娘と待っていました。

血液検査の結果が、1時間くらいかかると言われて、
弟は、夕食を食べれなかったんで、
水分補給の点滴をされている、との事でした。

私は母に連絡するために、
一旦外に出て、メールで、
今検査中で、結果が出るまで、
時間がかかるから、
先に寝てていいよ、と伝えました。

で、戻ってみると、娘がいない。

キョロキョロしてたら、
通りかかった看護師さんが、
弟のところにいる、というので、
案内してもらって、弟が休んでる、
処置室に連れて行ってもらいました。

弟が「喉が渇いた」と言ったらしく、
娘が、自販機でお水を買って、
貸してくれたストローで、
弟に水を飲ませているところでした。

弟は、病院のベッドが処置室のなんで、
固くて、全然休まらない、とか、
寝付かれないとか、ブツブツ文句を言っていました。

私は、夕方弟が買い物に行った時、
デング熱に感染したと思ってたんですが、
娘が、行きの車の中で、
ちょこっと調べてくれたところ、
潜伏期間が2~10日ほどあり、
刺されてすぐに症状が出るわけではないそうでした。

弟は、仕事で東京タワーの近くまで、
毎日行ってる、と言っていたので、
じゃあ、刺されたのは連休前か~とか、
思っていました。

でも、血液検査の結果は、
デング熱を疑うものではなく、
白血球の数値と、肝臓の数値が、
ちょっと高めだった他は、
何も問題ないとの事でした。

デング熱かどうかは、
血液を、保健所に送って、
調べてもらわなければならないらしく、
ハッキリとはわからない、と言われたんですが、
おそらくそうだろうという、目安みたいなのは、
検査である程度分かるようで、
疑いがあった場合、入院するんだけど、
大丈夫そうだって事で、
帰っていいよ、と言われました。

念のため調べた、インフルエンザも、陰性でした。

じゃあ、これ、なに??

先生に聞くと「風邪?」みたいな。

はぁぁぁぁぁぁ。

力が抜けました。

で、解熱剤を2日分出すから、
それでも治らなかった場合、
本当にデング熱の可能性もあるから、
2日経って、熱が下がらなかったら、
必ず昼の外来に来るようにとは、言われました。

もらった薬は、ロキソニン。

まぁ、救急で診てもらってる訳ですから、
仕方ないですがね。

その場で薬を飲んで、
弟も、もう帰りたい、と、
若干グズってるんで、
点滴も、口から水分がとれるなら、
もう良いよって事で、
まだ3分の2くらい残ってたんですが、
外してもらって、帰ることにしました。

駐車場が、ちょっと離れたところにあるんで、
娘に弟を預けて、私は車を取りに行きました。

弟は、後ろの座席でゴロンと横になっていて、
フーフー言ってましたが、取りあえず帰ってきました。

家から病院までは、10分くらいなので、
すぐ着きます。

帰ったら、母が寝室から出てきて、
どうだったとか、こうだったとか、
色々聞くんだけど、
なにしろ酔っ払ってるんで、
話しにならなくて、適当に相手して、
とにかく弟を寝かさないとってことで、
母から弟を解放して、寝室に行かせました。

帰ってきたのは、1時すぎてました。

娘は、今日は学校だったんですが、
10時くらいに家を出れば大丈夫って言うんで、
安心しました。

今朝、私も娘も、6時代に目が覚めて、
起きてきて、しばらくしたら、
弟が降りてきたんで、様子をみたら、
足取りもしっかりしてるし、
熱も、7.6℃まで下がったというんで、
安心して、2度寝しました。

お昼には、熱も7.1℃まで下がって、
どうやら、デング熱ではなさそうです。

夜、これから上がらなければ良いんですが。

いや~~すったもんだしました。

でもね、普段弟は、毎日遅くまで仕事して、
ろくに家にいないし、休みの日だって、
出勤する事も多いし、家にいても、
食事の時以外は、基本自分の部屋にいるし、
いるんだかいないんだか、みたいな存在のようだったのに、
昨日、弟がぶっ倒れて、やっぱり、どこかで、
いざって時は、弟に頼ってたんだな~って、
実感しました。

すっごい不安でした。

娘がいなかったら、私も発作起こして、
ぶっ倒れてたかも。

今では、私の方が何かと頼っていて、
もう、兄みたいになってましたけど、
病院で「点滴痛いよ~」とか、
「もう帰ろうよ~」とか、
「救急車で酔いそうになった」とか、
グズってる弟を見てたら、
昔、小さかった頃、
「おね~ちゃ~ん」って、
私のあとを追いかけてきていた頃を思い出して、
なんか、可愛かったです。








兄弟っていいねm(_ _)m
スポンサーサイト

こんばんわ

大変でしたね。救急車まで…〣( ºΔº )〣

ていうか、私、何度も救急車で運ばれたことあるんですけどね(笑)
どれだけ家族に心配&迷惑かけたかわかりました(´・ε・̥ˋ๑)

うちはもう兄弟離れてますけど、なんだろ?友達っぽいな。
妹とはフェイスブックで友達です♡(。→ˇ艸←)

風邪でも重度の場合、最悪の事態も考えられるのであるんさんの判断は正しかったと思います。

ゆっくりするのが何よりの養生。どうぞお大事に☆

No title

こんばんわっ!
弟さん 大変でしたね~~~!
大きな病気じゃなくて よかったです。

私は、沢山薬を飲んでるので風邪もひけないです。
私も、以前に子供が小さい時に夜間の救急センターに連れて
行きました。

熱が下がるまで辛いと思いますが・・・
お大事にしてくださいネっ!

No title

びっくりしました!!Σ(ノд<)でも熱が下がってきたのは良かったぁ~(;・∀・)
旦那が急に高熱だしたら、と考えたら怖くなります。一人でちゃんと対応できるか不安すぎます(。>д<)
デングじゃなくて良かったです!東京に行き来してるなら怪しいですし、いまやどこで感染してもおかしくありませんからね。
妊婦は普通の人より何倍も悪化してヤバイらしいので、外に出るときは虫除けスプレーが欠かせませんΣ(ノд<)
涼しくなってきたから、あと少しなんでしょうが…本当怖いですね。
風邪でそこまで熱が高くなることもあるんですねぇ!?弟さん疲れがたまってたのかな?
大人になると甘えることも男のひとは減るから、きっと甘えられるあるんさんが居てくれて良かったと思ってるんじゃないかな(*^^*)
私には下が居ないので、なんだか可愛いなとか昔を思い出したというのは素敵だな~と感じました☆
あるんさんも娘さんもお疲れ様です!皆で助け合ってる感じがしてちょっと感動しました。
弟さん早くよくなりますように☆

Re: tommuさん

こんばんは(^O^)

夜になって、また8℃まで、
熱が上がったようなので、
まだ安心はできませんが、
様子をみようと思います。

tommuさん、お子さんいらっしゃったんですね~

救急病院行くと、
夜中でも結構混んでたりしますよね。

ご心配くださって、ありがとうございます。

Re: 夢見るよめちゃんさん

ホント、私もビックリしちゃって~

家中で大わらわって感じで。

でも、取りあえず落ち着いて良かったです。

でも、また今夜、8℃まで熱上がっちゃって。

まだ様子見です。

そうだね~~妊婦さんだと、そういうの、
怖いよね~~

弟は、昔から甘えっ子で、
今でこそ「おネエ」とか、
エラそうに私を呼びますが、
小さい時は、本当に可愛かったの。

年上に可愛がられるタイプで。

近所のお姉さん(私の友達とか)も、
一緒に遊んでくれたな~なんて、
そんな事まで思い出しちゃったりして。

心配してくれて、ありがとうございます○┓ペコリ

Re: PHiRoさん

大変でしたよ~~

どうして具合悪くなるのって、
夜中なんでしょうね~~

弟は、救急車ももちろん始めてだったけど、
点滴すら始めての事だったので、
結構ダメージ受けてました。

救急車って、呼ぶの、結構勇気いりますよね。

PHiRoさん、何度も運ばれたの??

たまにPHiRoさんが書いてる記事の中に、
生きてるのが奇跡、みたいな文章があるけど、
そういう事だったんですね~~

確かに、家族は心配だったでしょうね~

PHiRoさん、妹さんもいるの?

お兄さんがいたような・・・?

同性の兄弟姉妹って、いいな~って思います。

やっぱり異性だと、いざという時は、
力を合わせてみたいになるけど、
普段は、なにしてるかなんて、
サッパリで。

心配してくれて、ありがとうございます。
Secret

カレンダー

05 | 2018/06 [GO]| 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

FC2プロフ

プロフィール

arun40

Author:arun40
シングル娘一人の42歳。
カラオケ大好き。
食べるの大好き。
ドライブ大好き。

玉ねぎ嫌い。
地震怖い。
虫だいっきらい。

でも爬虫類は意外に平気。

(鍵コメは返事しないでおきますね)

最新コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

くろねこ時計

fc2ランキング

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


退会させてくれ!

あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪

★★★ タクちゃんの自由気ままなブログ ★★★

初めてネットで稼いでみる~30代バツ一男の副業チャレンジ~

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。